スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また進歩!

チャ子はうちへ来たばかりの頃、排泄以外は完全にケージに引きこもっていたので、
時々、バルコニーで外の空気やお日様にあてたりしていたものでした。

顔が違う。。。。毛質も別モノだ。。。同じ犬とは思えない。。。。
0026.jpg
0027.jpg
厳つい顔だなぁ〜(笑)。
でもまぁ、
恐怖と緊張からくるものかもしれないしな〜なんて漠然と思っていたっけ。

それから室内犬として徐々に変貌を遂げ、今じゃすっかり悪ガキの風貌ですが(笑。
0024.jpg

自ら進んで出来ないことは、今でも多々あります。
一旦、室内暮らしに馴染んでしまうと、
居候当初、唯一の和み場だったバルコニーへ出たがらなくなったのです。
「おいで!」と言っても、「イヤ!」と言って、どこかへ行ってしまいます。
兄さん姉さんが出ても、自分は部屋の奥へと消えてしまうのです。

今では朝晩の散歩が定着したので、排泄も庭では一切しなくなりました。
なので、チャ子がお外へ出るのは散歩へ出かける時のみ、だったのです。

が、昨日のこと。
お隣の子供たちが遊びにきていて、先住犬も一緒にバルコニーにいました。
そのときチャ子が珍しく網戸越しにみんなの様子を見ていたので、
多少無理矢理バルコニーへ出してみると、
あまり恐がりもせず、あちこち匂いを嗅ぎながら、みんなと一緒にいれたのです♪
以前は家から出る場合、たとえ庭でもリードが必要でしたが、昨日はリードなし。

そして今日もまた、先住犬とともにバルコニーへ。
その後、姉さんといっしょに庭へ出て排泄をしたのであります。
用を足すと、当たり前のように普通の顔をして、バルコニーに戻ってきました。

すごいな〜。進歩だな〜。

と静かに感動しましたが、これからも気を抜くことはしません。
ただ、出来なかったことが1つできるようになると、本人の自信にも繋がります。
そういう瞬間を見逃すことなく、上手に導いてあげることができたら、
ヘンテコなビビリを少しずつ克服していけるんではないかな〜と思っています。

お散歩でのビビリはもう相当軽減されていて、
ホームの河原と公園では、調子に乗りすぎなんじゃ?と思っちゃうほどのノリ。

仲良しラブちゃんと一緒に走ると。。。
0020.jpg
0021.jpg
つねるんかい? 汗


なんか、この感じがマイブームみたいでして。。。。
姉さんにも後ろ足をカプカプしてみたり、
飛び越えてみたり、まぁ〜したい放題な感じ。
好き嫌いもハッキリしていて、
嫌いな子には、鼻がシワシワになってガルガル言ったりもします(涙)。

見ただけで鼻にシワが寄ってしまうのは、やはり鼻ペチャの子たち。
どうしてなんだろうなあ。


今日は、こんな紙焼きの写真をいただきました。
0022.jpg
素敵だね〜♪ チャ子の向こうにいるサルーキ君が!(笑)
チャ子は後ろ姿だけど、それでも笑っているのが分かります!
楽しいね〜。

スポンサーサイト

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。