スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャブ、去勢!

4_20110531221858.jpg
5_20110531221916.jpg



中には。
3_20110531222614.jpg
エリカラのチャブが。。。。

じつはチャブ、昨日ミグノンさんのお店にお泊まりして
今日、去勢手術を受けてきました。
ついでにマイクロチップも入れてもらった模様~。
入院ナシだったので、
夜ミグノンさんところにお迎えに行き、連れて帰ってきました。
まだ麻酔から覚めやらぬ状態で、うつらうつらしています。

庭でオシッコさせてからケージに入れようと思いましたが、
移動中、ケージの中に敷いてあったオシッコシートにたっぷりしてたので(笑、
今夜はとにかく静かに寝かせておきます。

チャブは、原発避難エリアに暮らすご家庭からの保護依頼でレスキューされた子です。
飼い主さんは、この先いつ自分の家に戻れるか分からない。
戻れないかもしれない。
そんな状況のなかですから、飼っていた犬たちを飼育放棄することにしたのでしょう。

チャブが暮らしていたお家には、犬が3匹、猫も3匹いたそうです。
詳しいことはよく分かりませんが、それを聞いてとても切なくなりました。
家族みんなバラバラだね。
チャブもそうだけど、他の子たちも
どれほど不安な思いをしているだろうね。。。。

そんな子が、数えきれないほどいるのだから
もう、どうすればいいのか分からなくなりますね。。。。

チャブは、もう少し我が家でリハビリをしながら
ミグノンさんの譲渡会にも出つつ、新しいお家を探すことになるはずです。
物音も、住宅街の風景も、たぶん「お散歩」だって、
チャブにとっては生まれて初めてのことみたいで、
何もかもがまだまだ怖いのですが。
何をしてもどこを触っても怒らないし、
抱っこも意外と好きだし、じつは甘えん坊だし、
自然の中のお散歩だと突然尻尾も上がって楽しそうに歩けるし。
年齢の近い明るい子には、遊ぼうと言えるくらいだし。

とにかく犬が一緒にいることで、
いろんなハードルを越える勇気が出る子です。

なので、チャブには先住犬のいるご家庭が必須かと思います。
頼りになる兄ちゃんや姉ちゃんがいたら、チャブの心も早く溶けていけるはず。
そんな風に思ったりしています。

ま、とにかく、おつかれさま。
7_20110531225500.jpg

明日から、また少しずつ、ゆっくりね。
スポンサーサイト

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。