スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャブ、去勢!

4_20110531221858.jpg
5_20110531221916.jpg



中には。
3_20110531222614.jpg
エリカラのチャブが。。。。

じつはチャブ、昨日ミグノンさんのお店にお泊まりして
今日、去勢手術を受けてきました。
ついでにマイクロチップも入れてもらった模様~。
入院ナシだったので、
夜ミグノンさんところにお迎えに行き、連れて帰ってきました。
まだ麻酔から覚めやらぬ状態で、うつらうつらしています。

庭でオシッコさせてからケージに入れようと思いましたが、
移動中、ケージの中に敷いてあったオシッコシートにたっぷりしてたので(笑、
今夜はとにかく静かに寝かせておきます。

チャブは、原発避難エリアに暮らすご家庭からの保護依頼でレスキューされた子です。
飼い主さんは、この先いつ自分の家に戻れるか分からない。
戻れないかもしれない。
そんな状況のなかですから、飼っていた犬たちを飼育放棄することにしたのでしょう。

チャブが暮らしていたお家には、犬が3匹、猫も3匹いたそうです。
詳しいことはよく分かりませんが、それを聞いてとても切なくなりました。
家族みんなバラバラだね。
チャブもそうだけど、他の子たちも
どれほど不安な思いをしているだろうね。。。。

そんな子が、数えきれないほどいるのだから
もう、どうすればいいのか分からなくなりますね。。。。

チャブは、もう少し我が家でリハビリをしながら
ミグノンさんの譲渡会にも出つつ、新しいお家を探すことになるはずです。
物音も、住宅街の風景も、たぶん「お散歩」だって、
チャブにとっては生まれて初めてのことみたいで、
何もかもがまだまだ怖いのですが。
何をしてもどこを触っても怒らないし、
抱っこも意外と好きだし、じつは甘えん坊だし、
自然の中のお散歩だと突然尻尾も上がって楽しそうに歩けるし。
年齢の近い明るい子には、遊ぼうと言えるくらいだし。

とにかく犬が一緒にいることで、
いろんなハードルを越える勇気が出る子です。

なので、チャブには先住犬のいるご家庭が必須かと思います。
頼りになる兄ちゃんや姉ちゃんがいたら、チャブの心も早く溶けていけるはず。
そんな風に思ったりしています。

ま、とにかく、おつかれさま。
7_20110531225500.jpg

明日から、また少しずつ、ゆっくりね。
スポンサーサイト

1週間経って。

居候生活1週間。
6_20110527222928.jpg
ごはんをしっかり食べるようになって、
首輪の穴がひとつ外側になったほど、カラダも顔つきもしっかりしてきました。
ビビリなのは相変わらずですが、表情も豊かになり尻尾も振るように。

それでもお散歩はまだまだ。
しかもウンを我慢するようになってしまい、今日で4日も出ていません。
なので昨日は、思いきって門の外へ連れ出しました。
せいぜい20メートルくらいでしたが、
ビビリながらも歩くことができたし、シッコもたっぷりしてくれました。
そして今日はステップアップ。

ダブルリードで初散歩に出かけました。
ビビリながらも、がんばって歩くチャブ。
(何かあっては困るので、写真撮ってる余裕なかった)

我慢していたウンもたっぷり出してくれました!
すると、お友達ワンのゴールデンに久しぶりに遭遇。
しばらく話していると、チャブったらその子にオシリを押し付けてニコニコ。
いっしょに話していたおじさんにも同様のことしてニコニコ。

調子出てきたので、みんなでさらに歩くことに。
すると、ご近所の1歳のミックス犬で、とってもフレンドリーな子とも遭遇。
チャブに遊ぼう遊ぼうと誘います。
すると・・・。なんとチャブも誘いにのって、遊ぼう仕草をし始めました!

もう、びっくり!

3~4歳なんじゃないかと思ってましたが、
ひょっとしてまだ若いかも。
1歳にもなっていないのかも。

夕方もちゃんとお散歩できたので、
これからは毎日お散歩する習慣をつけようね~。
ってところで、梅雨入りですかい、涙。
ま、ボチボチやりましょう。

今日はチャブハウスも、一新(どこが、って感じ?)。
5_20110527230047.jpg
依然として室内はコワくて歩けないので、ハウスは必須です。

チャブ軟化!?の、日曜日♪

金曜日の夜から我が家にやってきたチャブ。
世の中のすべてがコワくて、縮こまっていましたが。
今朝から少しずつ変化してきています。

排泄のため庭に連れていくと、ちょっと歩きたそうな感じ。
リードを少し引っ張って促すと、ビクビクしながらも、少しずつ、少しずつ。
一番下のデッキまで行くことができ、ぐるっと歩いて自力で戻ってこれました♪
上出来~~~!!

そして、再びケージじゃ可哀想なので、
ちょっと繋留して、外の空気を満喫してもらいました。
6_20110522164851.jpg
何かあっちゃ困るので、近くでさりげに監視しています、笑。


上から見下ろすと怖がるので、ワタシもデッキに座りこみ。
チャブをジロジロ見るのはやめて、お空を眺めていました。
すると。
7_20110522165053.jpg
あら♪


あらあら♪
8_20110522165305.jpg


あらまぁ♪
9_20110522165354.jpg


初笑顔です♪
10_20110522165448.jpg
11_20110522165540.jpg
正面から甘えるなんてまだまだ無理だから、背中から来たね♪


激動の日々で心底怯えてしまったけれど、
なんとなく状況をつかんできているのかもしれませんね。
とりあえずごはん食べれるし、このおばちゃんも悪いヤツじゃなさそうとか(笑、
お腹も満たされ、ゆっくり眠れるようになったのもあるかな。


と、緊張がほぐれたのも束の間。
またもビクビクです、笑。
お隣のMちゃんにブラッシングされてしまいました、笑。
16_20110522170413.jpg

そしてまた自分の殻に閉じこもったチャブなのでありましたー。

残飯風ごふぁん、今朝は少し残したので。
午後、やはりドッグフードを仕入れに行ってきました。
かといって、格安のフードを買う勇気がありません。
なので、中くらい。これならいけるか? というのをゲット。
鶏のササミとスープをマゼマゼして進呈すると。
見事に完食。

とにかくコンスタントに食べてもらうことが最優先。
あとは、少しずつ。時間の流れに任せましょう~。


いつも笑顔でいられるように、がんばってみよう。
13_20110522171115.jpg

New 居候犬、チャブです。どーぞよろしく!

クローゼットのなかに、シーツにくるまれた怪しげなケージ。
4_20110521152211.jpg
 

中には、こんな子がいます。
5_20110521152506.jpg
ミグノンさんのとこから、やってきました。
名前はチャブにしました(茶色のブチがあるので、笑)。

この子は、福島犬。もうご自宅に戻れないかもしれない飼い主さんから、
新しいお家を探してあげてほしいということで、里親募集をすることになりました。

期間限定で、我が家に居候することになります。

犬2猫2の我が家に居候としてやってきたチャブ。
先住犬猫への反応はどうかとかなり不安でしたが、問題なくクリア。
というか、今は焦っているのでそれどころじゃないようです。

ほらね。
3_20110521153130.jpg
何もかもがコワすぎて普通に歩けないの~。
ダメなの~。

でも、時々お庭に出して外の空気にあたりがてら、排泄してもらいます。
この場所↑は、うちの犬たちのオシッコプレイス。ここなら大丈夫みたい、笑。
ここで出すもの出して、あとはケージの中で気配を消して過ごしておりますー。
ケージからの移動は、今のところ抱っこのみ。コワすぎて歩けません。


ホントはこんなに精悍な(厳つい?)顔してるのに、
2_20110521154955.jpg
今、自分に何が起こってるのか、どうなっちゃうのか分からず、
知らない人も知らない場所もとにかくコワくて、静かに気配を消す以外にないのでしょう。

可哀想に。
こういう子を見ると、胸が痛みます。

うちにいる間、少しでも変化があればいいのだけど。
とにかく、無理なことはせず、気の済むまで静かにケージの中で過ごしてもらいます。
お散歩だって、当分無理かもね。ま、いいねー。

お散歩もダメですが、ごふぁんだってまだ食べてくれません。
ドッグフードもダメ。キャットフードもダメ。
昨夜は移動中に吐いたりしたので、胃を安め、お水のみで寝てもらいました。

そして今日。
やっぱりアレでしょー。残飯風でしょー。
ということで、作りました「残飯風ごふぁん」。
11_20110521234129.jpg
冷蔵庫にあったキャベツと大根と牛肉(ここだけ特別)を
煮干しの出汁で煮て、薄めの味噌汁に。
そこへ白いごはんを入れて、出来上がり♪
人肌程度に冷ましてから、ケージに入れてみますと。
「あ、これこれ!」と、パクパク食べてくれました♪
とくに煮干しがよかったみたい♪

夜ごはんも、同じものを出しましたが、見事完食。
やったね!少しずつ、少しずつ、がんばろうね。





Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。